交通事故後の車の修理代の支払いについて

皆様、こんばんは(*^^*)

3連休初日、とっても秋晴れ☆

ご家族でお出かけされた方も多いかと思いますが、お疲れではありませんか?

本日は、交通事故後の車の修理代についてお知らせさせて頂きます。

つい先日、うちに交通事故治療で通院されている患者様からのご質問で

車の修理代の支払いは示談交渉が全て済まないと支払いされないんですか?

との事でした。

先に答えを言うと、示談交渉前に支払いは可能です。

身体の治療費や医者料は通院が終わり、お互いの示談交渉が済まないと支払われませんが 

車の修理代は、修理が完了して保険会社が今回の事故で修理するべき範囲内とみなせば、支払い先は修理工場にはなりますが示談交渉を待たずして支払いは可能です。

車の修理代と、身体の治療費や慰謝料は担当も違うので別と考えて下さいね。

修理見積りの金額と、保険会社の方から実際事故車の確認に来られるのですが、妥当な金額であればスムーズに行きます。

ここで、ワンポイントです!

追突事故の様に過失割合が10-0の場合だと揉めませんが、お互い走行中の場合、いくら飛び出して来たからと言ってもお互いに過失割合が付きます。

その過失の割合で揉める事も多々ありますので、揉めない為に前にもお伝えした様に、ドライブレコーダーがあると免れきれない証拠が残りますので、着けておく方がよろしいかと思います。

この過失割合が決定しないと、支払い額も決定出来ませんので、この場合も過失割合が決定してからの支払いとなりますので、覚えておいて下さいね。

事故はしたくないし、遭いたくもない…

もし、そうなった時の知識として覚えておいてもらえると大変嬉しいです。

残す所後2日、しっかり遊んでリフレッシュして下さいね。

どうぞ、安全運転にて楽しんで下さいね。